【フリマ】購入のお礼の手紙は付けるべき?評価への影響を比較!

発送

フリマアプリで商品を購入すると、お礼のメッセージカードやメモが同封されていることがありますよね。「自分も書いた方が良いのかな?」と迷ったことのある方も多いと思います。

では、手紙を書くメリットはあるのでしょうか?またどのようなことを書いたら良いのでしょうか?

今回は、購入のお礼の手紙についてお話します。

お礼の手紙とは?

お礼の手紙は、出品者が購入者に向けて書くものです。

小さなカードやメモが商品と一緒に添えられていて、わたしの経験では、1〜2割くらいの方が付けていると思います。

何が書かれているの?

メルカリの購入のお礼の手紙

手紙の内容は大きく、次の4つに分けられます。

お礼

「お礼の手紙」なので当たり前のことですが、お礼は必ず入っています。お礼の一文のみ書かれていることも多いです。

  • ご購入ありがとうございます。
  • お買い上げありがとうございます。

商品について

  • 気に入ってもらえると嬉しいです。
  • 何か不具合があればご連絡ください。

次の購入につなげる

  • また機会があればよろしくお願いします。
  • 今後も出品しますのでよければご覧ください。

季節のあいさつ

  • 寒くなってきましたが、風邪など引かれませんように。
  • 暑い日が続きますが、体調にはお気をつけください。

ほとんどの手紙が、上記の内容から2フレーズくらいを組み合わせた形で書かれています。


書くメリットはあるの?

わたしはメルカリとラクマの2つのサイトで出品していますが、メルカリでは手紙を付け、ラクマでは付けていません。
(ちなみに、このように差を付けている意味は特にありません^^;)

さて、手紙の有無によって評価に差があるのか?という疑問についてですが、実際に両者を比較してみても特に差は感じられません。

もちろん、手紙を書くことで喜んでもらえることはあります。メルカリの評価コメントを読んでいると、「お手紙が嬉しかったです」と言ってくださる購入者も多いです。

しかし手紙を付けていないラクマで評価が下がるかというと、それも全くありません。

手紙よりも大事なことがある!

手紙を付けていないラクマでの評価コメントには、梱包やり取りの丁寧さ取引のスムーズさなどが挙げられています。

梱包や取引を丁寧にすることで、購入者の方々には十分喜んでもらえるということです。

反対に、手紙を付けていても取引自体に何か問題あれば、評価は下がってしまうでしょう。


逆効果にもなる?

個人的には、付けないほうが良いのでは…という手紙をもらったこともあります。

例えば、「ありがとうございました」と殴り書きしたように書かれた手紙を受け取ったことがあります。そもそも手紙は“気持ち”のものですので、付けさえすれば何でも良い訳ではありません。ましてや相手を不快にさせてしまっては逆効果です。

また、◯◯会社とロゴの入ったメモ用紙付箋が使われていたこともあります。メッセージカードは100円ショップでも簡単に手に入るので、間に合わせのメモ用紙ではなく、お礼用に用意した方が無難だと思います。

相手によって受け止め方はさまざまですが、もし付けるのであれば最低限、失礼には当たらないようにすることが大切です。


結局は、自己満足?!

手紙をもらって喜んでくれる人がいる一方で、もらって「何とも思わない」人が多いのも事実です。中には、「気持ち悪いからいらない」という意見も一定数あるようです。

わたしは一度始めてしまった手前、やめるきっかけもなくメルカリでは書き続けてきましたが、実際には書かなくても全く問題ないと感じています。

もちろん手紙を書くのは義務ではありません。取引をしっかりした上で、少しでも喜んでもらいたい、感謝の気持を伝えたいという方以外は、あえて付けるメリットはないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました